人事責任者からのメッセージ

富士経済グループの採用サイトにアクセスいただきありがとうございます。


“富士経済グループってどんな仕事をしている会社・・・?”

おそらくほとんどの方がそう思われているのではと思います。
私たちは創業より、「信用第一」「マーケティングリサーチをもって社会に貢献する」を理念に掲げ、半世紀に亘り、企業様、官公庁などの事業組織に向けて各業界・産業の現状と将来予測情報の提供活動を続けてまいりました。  
私たちは、製品を製造しているわけでも販売しているわけでもなく、「知財」というサービスをお客様に提供し、お客様が将来に亘って企業価値を高め、確固たる発展を続けるために、どこよりも信頼される事業パートナーとなることを使命としています。それによりお客様が、より良い製品やサービスを市場に提供し、私たち消費者がその恩恵を受け、豊かな暮らしを実現する可能性が広がるのです。  
しかし、私たちはその表舞台に立つことはありません。お客様の成長・発展への一助が社会への貢献であると私たちは考えています。


“企業は人なり”

ーーとよく言われますが、私たちも例外ではありません。
私たちのリサーチ活動の基本は、面談取材です。担当する業界・産業の知識や関連する領域の知識をもって、対象となる企業様を訪問し、直接ヒアリングを通して参入企業様や業界・産業全体の方向性や課題などを抽出、分析していきます。そのためには、一人ひとりの対人力、情報収集力(調査)、そこから課題点を見つけ出す抽出力、その要因分析力(企画)、そして提案力(営業)がとても大切な要素となります。   もちろん、入社される方がこれらの能力を入社前から備えているわけではありません。先輩社員も入社後の育成カリキュラムや実践を通じて、少しずつ能力を身に付けて、それぞれが第一線で活躍しています。


“これから社会人になる皆さん”

には、常に謙虚であっていただきたいと思います。
・失敗したこと、誤ったことを素直に反省し次に繋げる
・他者からの意見や教えを素直に受け入れ改める
・自分を支えてくれる多くの人に感謝の心を持つ
謙虚な姿勢は自らを成長させ、また、人を引き付ける魅力となります。人生においても仕事においても、周囲の協力なくして事を成すことはできません。謙虚な心をいつまでも失わずに、自らの成長に繋げ続けてください。



皆さん、私たちの”扉”を開けて富士経済グループを見て、聞いて、感じてください。きっと新しい発見が見つかるはずです。


経営管理部門 部長(秋田 雅之)