先輩インタビュー

様々な業界のキーマンに直接取材を行う弊社の調査方法に魅力を感じ、入社を決めました。

担当している職務

エレクトロニクス製品とその構成部材を担当する部署に所属しています。
製品については、デジタルカメラなどの身近な製品から、プリンターなどの業務用機器まで調査しています。担当製品は調査企画によって変わることはありますが、主にディスプレイ関連の製品、材料の調査を担当しています。 調査は、企業のご担当者様とお話しして情報収集を行う、ヒアリング調査が中心です。調査のほかに、マーケティング関連書籍の執筆から、書籍や企画の営業、企画を提案するところまで幅広く行っています。

仕事の楽しさ・やりがい

「読む・話す・聞く・書く」の4分野をフルに使って仕事を行う部分にやりがいを感じます。
調査にあたり、マーケット情報を収集し、エレクトロニクス分野の専門知識を理解するため、さまざまな文献を読み込んでいきます。そして、普段出会えないような、あらゆる業界の方々とお話することを楽しみながら、調査結果をまとめていきます。 専門的な知識の理解などに苦労することもありますが、その分、業界の方と深く専門的な話ができるなど、成長を感じられるところがやりがいです。また、自分の調査結果が書籍になり、業界の方々に調査した内容を活用してもらえることにも喜びを感じます。

入社を決めた理由

大学の専攻分野がきっかけでした。大学では商学・マーケティング分野を学んでいて、その奥深さと世界経済の先行きに関心を持ちました。仕事を通じてなるべくたくさんの企業の経済活動に、わずかでも貢献できたらと考え、就職活動を行っていました。その中で出会った会社が、富士キメラ総研でした。様々な方とお話する機会を持ちつつ、ヒアリング調査で得た情報をデスクワークでまとめる仕事のスタイルにも魅力を感じ、入社を決めました。

学生へのメッセージ

就職活動は、自分の将来と社会への関わり方を決める大切な時期だと思います。将来自分はどのようになりたいか、自分の何を活かして働くかをイメージすると良いかもしれません。また、学生時代に学んだことと打ち込んだことは、社会人になってから驚くほど生きると実感しています。興味のあること、学びたいことは学生時代のうちにやり尽くすつもりで是非動いてください。それらの経験が今後、仕事だけではなく思いがけない部分で役に立つ日がきっと来ると思います。周囲と比較しすぎずに、自分のペースで就職活動をがんばってください。